illustration by BLUE YUKARI
《メンバー》
BLUE・YUKARI
RED・ARIKO
《プロフィール》
2004年、山本精一主宰UMMO RECORDSより「RED」「BLUE」2枚連作ミニアルバムで、関西インディーズシーンから飛び出した3人娘。 ポップなのかクールなのか。ハイなのかロウなのか。ハードなのかスカスカなのか。それぞれ赤青緑のコスチュームを身に纏い、ステージから変化自在なスマッシュを打ちまくることにより、ツインベース従来のヘビーなイメージを覆した。
特筆すべきはそのコーラスマジック!そこに惚れ込んだ奇才ジョンゾーンからの熱烈ラブコールにより、NY録音決行。2005年、TZADIKから「GORGEOUS」リリース、世界へ向けて発信開始。米、豪、韓国ツアーを行い、各地にコアなファンを確実に獲得してゆく。

以来、ライブでも勢いづき、グルーブ追求しはじめたかと思いきや、poet portraitよりリリースしたCD+DVDミニアルバム「new-hao!」で、まさかの担当楽器捨て!ベース→ドラム、ベース→サンプラー、ドラム→キーボードという、各自ろくに演奏できない楽器に着手。
また、他にミニーハオ!というアコースティック編成も始める。
ライブでは、従来のツインベーススタイルと織り交ぜ、彼女たちらしさはどんどん浮上がり、カラフルな色身を帯びてゆく。
そんな折り、2007年春、GREEN REO脱退。
2人になってもその軽ーいフットワークとノリはますます磨きがかかっている模様。一体次はなにを見せてくれるのか?